過去のトピックスへ
新着情報
第十四回

Q:位牌はいつ作るものですか。

A:宗派によって違いもありますが、仏式の場合はご葬儀から忌明け(49日又は35日)までは白木位牌(仮位牌)を使用します。(浄土真宗では位牌ではなく、半紙に法名を書きます。)葬儀後、忌明けまでに本位牌を作り、忌明け後は仏壇にお入れします。本位牌には塗りや唐木、ガラス素材のクリスタル等色々と種類があります。形状の違いは一人又は夫婦用の「板位牌」と、戒名を書く札板が10枚程入っており先祖代々で使用できる「回出位牌(くりだし)」があります。浄土真宗の場合は忌明けまでに法名軸という掛け軸に法名(他宗派では戒名)を書いたものを用意します。本位牌や法名軸は葬儀社または仏具屋さん等で購入できます。