過去のトピックスへ

『みんなで、お別れ + 身内で、儀礼 = 心の花の家族葬』

~家族葬と一般葬のいいところを合わせた、「やってよかった」と思える家族葬です。~

親しい方を中心に人数を限定して行う家族葬では、小規模で行うことを優先したために、生前お世話になった方へお声がけをしなかったり、ご連絡が葬儀後になってしまうということがございます。これはできる限り避けなくてはならないことです。
ご葬儀というのは多くの人にお世話になりながら社会で生きてきた故人に代わり喪主はじめ遺族が、その方々にご挨拶をする機会であり、また遺された方も本人としっかりとお別れをすることで、新たな一歩を踏み出すきっかけとなる時間でもあります。このため、本来、ご連絡をすべき方が多い場合は家族葬という形式は、ふさわしくないと私たちは考えております。
しかし、ご本人様のご遺志や様々な事情から小規模の御葬儀を希望される方はとても多いのが現状です。
そこで、生前いただいたご厚誼に対し義理を欠くことなく、かつ家族葬の良さであるゆっくりとした時間を過ごすことが出来る新しい家族葬をご提案いたします。

上記のようにあらかじめ設定した「お別れの時間」を皆様にお知らせし、基本的にこの時間内にご弔問いただき、葬儀は近親者のみで行います。
お別れの時間には、弊社でご用意するお別れ花をお棺に手向けていただいたり、場合によってはテーブルに軽食をご用意し、ご遺族と語らっていただきます。お客様のご案内等は私どもスタッフがお手伝いさせて頂きますので、ご家族の方は煩わしさを感じることなくご挨拶や会話に集中していただくことが出来ます。
お客様にとってはお別れの時間に幅がございますのでご都合に合わせて弔問しやすく、また厳格な宗教儀礼ではございませんので、喪主様のペースで、ゆっくりと弔問の方とご挨拶していただくことが出来ます。また故人様のお体がある状態でお別れが出来ますので、より明確にお別れを心に刻むことが出来ます。

ぜひご検討いただければと存じます。